私が初めて入社した会社で、法人営業の加盟店フォローと新規開拓をしていました。今は現場で営業をサポートする技術品質課という部署に転属しました。

私が入社したときは新卒3期生でしたので、教育や同行などもほとんどない状態でした。最初の仕事は新規開拓をするためのテレフォンアポイントのリスト作りです。その頃は各エリア担当が必要か件数を自分で作っては電話をかけることを繰り返していたので、効率化を図るために与えられた業務でした。

リストを1500件ほど作ったあとは1日で150件のテレアポを行いました。トークスクリプトを作りひたすら電話をしていました。
そのときに感じたことはいかに数十秒で相手にメリットを伝え、ニーズに会う訪問ができるかをずっと考えていました。

しかし、入社したてで良く業界も理解していない新人ではなかなかアポイントは取れませんでした。
一つ乗り越えるポイントは自分で取ったアポイント先から契約を取ったときに要点や伝え方を学んでからは面白いほどアポイントがとれ始めました。

その辺りから後輩も入社してきたので、既存顧客のサポートをする仕事を始めました。そこから、加盟店が何を考えていて、どういう所で会社の製品がお役立ちできるのかを考えていました。入社2年目の営業ができるのは背伸びをせずに、会社が出す手だてを実施して、報告をすることに徹していました。

アイデアをくれる副所長と何でもOKを出す所長でしたので、とにかくやりまくるだけでした。その時は、楽しさを感じることはできなくなっていた時期です。
時間も休みも関係なく副所長からLINEで新しいアイデアが届くので、返信をして形にすることの繰り返しが3年目も続きました。

確かに結果は出ていましたが、私の考えではないのでとても苦しかったです。
その頃から転職や転属を考えるようになり、結果としては転属しました。
しかし、営業としての現場の経験は非常に技術としては大変生きています。現場を知らない技術は使い物にならないと肌で感じています。

どの部署で頑張っていくにしても、営業を経験することはとても大切なことだと話をしています。最近、商談の効率化を行うことのできる営業支援ツールがあることを知りました。役立つツールを活用しながら営業の経験をするのも大切なのではと感じました。

PR|サプリメント|心の童話|工務店向け集客ノウハウ|貯蓄|SEOアクセスアップ相互リンク集|クレジットカードの即日発行じゃけん|GetMoney|お家の見直ししま専科|内職 アルバイト|英語上達の秘訣|お小遣いNET|住宅リフォーム総合情報|アフィリエイト相互リンク|生命保険の口コミ.COM|健康マニアによる無病ライフ|生命保険の選び方|