法人営業では契約を焦ってはいけない

法人営業では契約を焦ってはいけない

法人営業で大切なのは時間をかけて良好な関係を築くことです。私はまだ法人営業を初めて間もない時に、結果を出すことを焦ってしまい、あまり信頼関係がないのに契約に持ち込もうとしてしまいました。実績がない営業マンほど急いで契約をとりたがるのですが、法人営業では焦りは禁物です。やはり急いで契約を取ろうとしても相手に強引に契約しようと思われてしまい上手くいかなかったです。必要な手順を踏んでじっくり法人営業をすることが営業マンには必要だと思います。そのため、初めから契約のことばかりを考えずに、いつクロージングトークをすれば効果的かタイミングを図るべきです。絶対にしてはいけないのが会って間もない企業に契約をするための書類を用意するように仕向けることです。多くの企業はすぐに契約をすることを嫌がるものです。企業とじっくり話をして良好な関係を持ち、契約の話をするタイミングが上手く合えば、スムーズに大きな契約を結ぶことができるようになります。