営業職とは人とのコミュニケーションをとることです。

保険会社の営業として勤めてから早3年が経ちました。はじめは成績のことばかり考えて、自分のお客様の気持ちや状況など考える余裕がありませんでした。

3年たち、仕事にも少しだけ余裕ができてきた現在は、自分のことだけではなく、お客様の立場になってしっかりとコミュニケーションをとることが出来るようになってきました。

すると不思議なことに、成績を上げよう、期限をまもらなければと焦って、頑張っていたころよりも、今のほうが契約を取ることが出来ています。

焦っていた頃は、お客様の話をしっかりと聞いておらず、自分のペースで、自分の都合でばかり契約を取ることを考えていたのです。今はこの方はこんなことで困っているのかな?こんな風にしたいのかな?とお客様の立場になって考えることで、お客様との会話きちんとできるようになりました。

営業とは人と人のお付き合いですので、やはり相手のことを考え、しっかりと向き合っていくことが必要となってくるのです。
そうして見込み顧客を育成した結果、契約が取れた時はとっても嬉しいです。