新人が良い営業成績を記録する理由

営業成績は、気持ちの問題と大きな関係がある事は間違いありません。現に営業職では、新入社員の方々が良い成績を記録している事もあります。それは他の職種とは、大きく異なる点の1つなのです。必ずしもベテランが営業成績が良いとは限りません。

 

現にベテランの方々は、たまに新人の営業成績で驚いている事もあります。入ってきたばかりの新人が、かなり良い成績を記録したので、上司から褒められている光景を目撃する事もよくあるのです。

 

なぜ新人でも良い成績を記録できるかというと、モチベーションの問題です。やはり新人の方々は、入ったばかりの会社で頑張ろうという強いモチベーションがあります。それが良い方向に転んで、営業成績に直結する事も意外と多いのです。

 

とかく営業職やマーケティングは効率化ばかりが重視される傾向があります。しかし新人のモチベーションなどを含めて、気持ちの問題も軽視できない訳です。今ひとつ成績が振るわない時などは、ちょっとモチベーションを高める事も必要ではあります。